メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
ニッポン瞬・彩

華麗に荘重に音と舞の美 六華苑の舞楽(三重・桑名)

<納曽利(なそり)>2匹の竜(双竜又は雌雄の竜ともいう)が戯れる姿を舞にしたもの。平安時代の競馬(くらべうま)や相撲の節会(せちえ)の勝ち舞=松本成さん撮影

[PR]

 「現存する世界最古のオーケストラ」とされる雅楽の調べに合わせ、華麗な装束の舞人が舞う舞楽(ぶがく)。三重県桑名市を拠点にする多度雅楽会は、市内の名勝「六華苑」庭園で毎年、新緑の春(5月中旬)と紅葉の秋(11月中旬)に舞楽を披露している。高さ7メートルの大太鼓や色鮮やかな大鉦鼓(しょうこ)を配した特設舞台で繰り広げられる、豪華絢爛(けんらん)な「序破急」の音楽。今年の「春の舞楽会」は5月14、15日に行われる。

【松本成さんの写真はこちら】 華麗に荘重に音と舞の美

写真・文 松本成

 1970(昭和45)年2月生まれ、46歳。三重県長島町(現桑名市)で育ち、高校時代から撮影を始める。94年以降、たびたびインドに撮影旅行し、ヒンズー教の聖地・ブリンダーバンで、秘奥をきわめた人々に魅せられる。現在は「石取祭」「上げ馬神事」などを撮影、ふるさと多度文学館(桑名市多度町)で4月、写真展「多度もの」を開いた。

幕あいに「胡蝶の夢」を見る。出番を待ちきれない子供たちは、楽屋に使っている和館の間でおとなしくしてくれない=松本成さん撮影

 「ニッポン瞬・彩」は、各地のカメラマンが地元ならではの目線で撮った「わが街自慢写真集」です。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです