メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洋菓子

ピアノ風に包装の新ギフト 沼津の店が販売 /静岡

 沼津市下香貫の洋菓子店「恵季(けいき)工房ペルル」は、フランス伝統の焼き菓子「フィナンシェ」をピアノの鍵盤に見立てて包装した菓子ギフト「MARAIS(マレ)」(15個入り、2484円)を作り販売を始めた。ペルルの米野博英オーナーシェフ(45)は「沼津の人に自慢したいと思ってもらえる新しいお土産になれば」と意気込んでいる。

 マレはフランス語で沼津の頭文字の「沼」の意味。手作りの県産オレンジ砂糖漬けを使った「プレーン」と、アーモンドやココアの粉末やチョコチップを入れ食感に変化を付けた「ショコラ」の2種類。小箱にはどちらか一つ詰めてあり、15個を立てて並べてピアノ風にした。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです