メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お勧め・まちナビゲーター

宇品かいわい(広島市南区) 軍用港で繁栄の面影 「凱旋碑」は戦後「平和塔」に /中国

千田貞暁氏の銅像の前で、宇品の歴史を案内する藤原猛さん=広島市南区で、石川裕士撮影

 広島市の海の玄関口・宇品地区。潮の香りが広がる宇品港(広島港)近くは住宅街が広がるが、戦前は軍用港として栄え、関連施設も多くあった。日本の近代化とともに発展した街を、南区散策ガイドを作成した市民グループ「みなみ区まち探検隊」の藤原猛さん(76)に案内してもらった。【石川裕士】

 待ち合わせ場所は千田廟公園(南区宇品御幸(みゆき)1)。広い敷地内で目に入るのが、1880〜89年に県令・県知事を務めた千田貞暁(せんださだあき)氏(1836〜1908)の銅像だ。藤原さんは「この公園は千田さんが来るまでは海でした。宇品港を築いた信念の人です」と説明する。

 千田氏の着任以前、公園から南は太田川が運んだ土砂が湾内に積もった遠浅の海だった。汽船は近づけず、上…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです