メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

「もの言う企業家」謹慎 当局が1年間の処分

 【北京・石原聖】中国北京市西城区共産党委員会は2日、習近平国家主席の発言を中国版ツイッター「微博」で批判した「もの言う」著名企業家・任志強氏に対し、1年間の謹慎処分にする決定を下したと発表した。理由は「繰り返し党の路線や方針に背く誤った言論を発表した」ことだとしている。今回の決定で、任氏はネットを含め公の場での発言を禁じられるものと見られる。最近中国で強まっている言論統制のさらなる強化を示すものだ。

 習氏は2月に国営メディアを訪れ「党・政府が管轄するメディアは宣伝の陣地であり、党を代弁しなければな…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです