メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
経済観測

マイナス金利と金融業界=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 国債の流通利回りのマイナスは定着しそうだ。国債残高の累積にもかかわらず、「償還時の金額が発行時よりも少額で済む」がマイナス金利の意味だから一般人の戸惑いはいまや限度を超えた。

 では、国債の売買による値付け機能の担当者はこの問題にどう了解をつけたのか。マイナスの金利がつく超高値の国債も、日本銀行が更なる高値で買いとる意図を持つ以上、買値と売値との間のサヤ取り目的で、とりあえず買いを入れているのだ。これをキャリー(右から左への移し替え)で稼ぐと表現する。

 マイナス金利の導入後の2月と3月の国債売買動向を投資家ごとにみると、実態が多少とも浮かび上がる。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです