メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南米初・五輪の街

RIO2016/下 犯罪多発 厳しい現地応援

五輪の関連イベントに出演する子どもたちを見守る警備員(奥)=三浦博之撮影

 「治安が心配。現地まで応援に行くか決めかねている。行くとしても娘は危険で連れていけない」。陸上の男子50キロ競歩でリオデジャネイロ五輪代表に選ばれた谷井孝行選手(33)の妻美紀さん(33)は悩んでいる。

 谷井選手は昨夏の北京世界選手権で銅メダルを獲得し、4大会連続の五輪出場となるリオ大会でもメダルが期待される。結婚後初めて迎えた2012年ロンドン大会は、当時1歳の長女美渚(みお)ちゃん(5)が沿道で声援を送った。家族の励ましは選手にとって大きな力となる。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです