メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

主権者教育 社会が支えて=杉浦真理、立命館宇治中学・高校教諭

 選挙権年齢の18歳への引き下げに伴う主権者教育に関する政府の指針が出そろった。だが、教育現場が自由闊達(かったつ)に取り組めるか、現状では不安がある。

 高校生の一部が有権者となる変化を踏まえ、文部科学省は模擬投票などを通じて現実の政治課題の学習を推奨するアクセルを踏んだ。また、デモへの参加など高校生の校外での政治活動を禁じた1969年の通知を昨年、46年ぶりに廃止した。

 だが、一連の指針は生徒への教員の影響力を心配するあまり、政治的中立を保つために「教員の個人的な主義…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1266文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです