メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうは「みどりの日」

伊勢志摩(その2止) つながる山海の幸

伊勢志摩の海で、アラメなどの海藻をかき分けながら漁をする海女=三重県鳥羽市相差で、貝塚太一撮影

「共生」世界に発信

 海女(あま)漁の盛んな三重県鳥羽市の相差(おうさつ)地区。ウエットスーツで海に素潜りした中村佐百合(さゆり)さん(64)はアラメという海藻の森をかき分け、岩場に張り付くアワビを見つけた。地元で生まれ育ち、20歳で嫁いでから40年以上も海女を続ける。ノミを差し入れてアワビをつかみ、一気に浮上する。海面に「ピュー」と音が響いた。海女が呼吸を整える時に出す「磯笛」という独特の息の音だ。

 アワビやイセエビ、塩にカツオ節−−。伊勢志摩は、古代から天皇に食材を献上する「御食(みけ)つ国」として知られた。志摩半島の沖は、伊勢湾に流れ込む川がもたらす山の栄養分と、多くの生き物が集まる黒潮が出合う豊かな漁場。素潜り漁は数千年の歴史があると言われ、アラメやワカメなどの海藻がよく育つ藻場(もば)で成長したアワビは、伊勢神宮にも奉納されてきた。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです