メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ご当地みやげ

ビーバーは金沢っ子の味 おやつの定番

「ビーバー」を手にする北陸製菓の西川陽平さん=金沢市押野2の同社本社で2016年4月26日午後2時55分、中津川甫撮影

 「ビーバーは金沢っ子の味」−−。石川県で「おやつの定番」として知られる揚げあられ(おかき)のビーバー。愛らしいネーミングは1970年大阪万博のカナダ館にあったビーバー人形の歯に似ていたのが由来という。石川県民に親しまれている人気商品を製造する北陸製菓(金沢市押野2)の工場を見せてもらった。

 「サクッとした食感と、濃い塩味がやみつきになります」。企画開発部の西川陽平さん(30)がビーバーを手に説明してくれた。

 大阪万博があった70年に発売された。北陸産のもち米で作られたおかきに、粉末にした北海道の日高昆布と…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです