メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 共和党内団結遠く 中山俊宏・慶応大総合政策学部教授(米国政治外交)の話

政治不信が期待感に

 ドナルド・トランプ氏が共和党候補指名を確実にした背景には、重要な決定に携わってきた政治家やロビイストなど、エスタブリッシュメント層への不信感が米国内で想像以上に強いことがある。政治そのものへの不信感が極度に高まり、政治経験ゼロのトランプ氏が好意的にとらえられた。これまでのやり方を根底から覆してくれるという期待だ。

 不信感の源は格差拡大だけではない。トランプ氏を支持するのは、グローバリゼーションの波が押し寄せる中…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文529文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです