特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

仮設で最後 大規模春まつりに笑顔 東松島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
力を合わせてのり巻きを巻く住民ら=東松島市大曲の矢本運動公園仮設住宅で
力を合わせてのり巻きを巻く住民ら=東松島市大曲の矢本運動公園仮設住宅で

 宮城県東松島市大曲の矢本運動公園仮設住宅で4日、毎年恒例の春まつりが開かれた。同仮設では今年中に入居者が大幅に減るため、現在の規模で開催されるのは最後となる見通し。参加した住民らは「さみしいが、復興が進んでいる証し」と笑顔でまつりを楽しんでいた。

 春まつりは2012年4月、津波で被災し落ち込む住民の様子を目の当たりにした自治会長の小野竹一さん(68)ら自治会役員が、「住民同士が気軽に声を掛け合える関係を作りたい」と始め、今年で5回目。この日は住民やボランティアに加え、かつて仮設に住んでいた人も多数参加。つらい時期を共に過ごした仲間と、全長36メートルののり巻き…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文711文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集