特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

「損得考えず魚屋やる」 南相馬で店再開へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仮設住宅での移動販売でなじみの客と会話する谷地茂一さん=福島県南相馬市鹿島区で
仮設住宅での移動販売でなじみの客と会話する谷地茂一さん=福島県南相馬市鹿島区で

 福島県南相馬市小高区のJR小高駅近くで「谷地(やち)魚店」を営んでいた谷地茂一さん(68)と妻美智子さん(64)が6月上旬、同市鹿島区の仮設住宅から戻り、5年3カ月ぶりに地元で店舗を再開する。福島第1原発事故による住民の長期避難で生鮮品を売る店がなくなった町に明かりをともせば、誰かが戻るきっかけになるかもしれない。おしどり夫婦はそう願っている。【大塚卓也】

 鹿島区の仮設住宅に1台の軽トラックが止まった。「魚屋です」。茂一さんが、一軒一軒のドア越しに声を掛けて回る。

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1114文字)

あわせて読みたい

注目の特集