特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

トランプ氏指名へ…共和2氏撤退

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米大統領選候補者指名争いの獲得代議員数
米大統領選候補者指名争いの獲得代議員数

 【ワシントン会川晴之】米大統領選に向けた共和党の候補指名争いは3日、首位を走る実業家ドナルド・トランプ氏(69)が中西部インディアナ州での予備選で圧勝した。指名争いで2位のテッド・クルーズ上院議員(45)は、この日の敗退を受けて選挙戦からの撤退を宣言した。米メディアによると、3位のオハイオ州のジョン・ケーシック知事(63)も4日午後に撤退を表明する予定。これにより、トランプ氏の指名獲得が確実となった。民主党は、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)の候補指名獲得が濃厚で、11月の米大統領選はトランプ、クリントンの両氏が戦う構図となることがほぼ固まった。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文959文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集