メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸暴走

ブレーキ痕なく…容疑者、意識障害か

車(右上)が暴走してけが人が出た事故現場=神戸市中央区で2016年5月3日午後0時11分、本社ヘリから西本勝撮影

 神戸市中央区のJR三ノ宮駅北側で乗用車が暴走し、歩行者5人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで逮捕された無職、沢井国一容疑者(63)が「事故直前の記憶がなく、気付いたらぶつかっていた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。現場には車のブレーキをかけた形跡がなかったことも判明。兵庫県警は、沢井容疑者が運転中に体調不良で意識障害を起こし、暴走につながった可能性があるとみて調べる。

 捜査関係者によると、沢井容疑者は過去に複数回、車で事故を起こしており、昨年も事故を起こしたが、今年4月に免許を更新していた。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです