メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラクロス協会

専務理事が1000万円横領、懲戒解雇

 日本のラクロス界を統括している「日本ラクロス協会」(本部・東京都中央区)の専務理事を務めていた男性(48)が、運営費約1000万円を横領したとして、4月2日付で懲戒解雇されていたことが分かった。任意団体から一般法人に移行するための外部監査の過程で発覚した。男性は横領を認めて全額を返済、協会の木村博理事長は同日付で引責辞任した。【加藤隆寛】

 関係者によると、男性は2014年4月〜昨年11月、協会の運営費約1000万円を個人名義の銀行口座に移し、横領したとされる。着服した金は「生活費に使った」と説明したという。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです