メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ラクロス協会

専務理事が1000万円横領、懲戒解雇

理事長引責辞任

 日本のラクロス界を統括している「日本ラクロス協会」(本部・東京都中央区)の専務理事を務めていた男性(48)が、運営費約1000万円を横領したとして、4月2日付で懲戒解雇されていたことが分かった。任意団体から一般法人に移行するための外部監査の過程で発覚した。男性は横領を認めて全額を返済、協会の木村博理事長は同日付で引責辞任した。【加藤隆寛】

 関係者によると、男性は2014年4月〜昨年11月、協会の運営費約1000万円を個人名義の銀行口座に…

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文949文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです