メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

「米軍駐留費、全額負担を」…共和指名確定

トランプ氏=西田進一郎撮影

 【ワシントン会川晴之、西田進一郎】米大統領選に向けた共和党の候補指名を争っていたオハイオ州のジョン・ケーシック知事(63)は4日夕(日本時間5日早朝)、選挙戦からの撤退を表明した。テッド・クルーズ上院議員(45)も3日に選挙戦を打ち切っており、唯一の候補として残った実業家ドナルド・トランプ氏(69)が7月の党大会で指名されることが確定した。トランプ氏は4日、CNNテレビのインタビューで、大統領に就任すれば、日本など米軍が駐留する同盟国に駐留経費の全額負担を求める考えを表明した。

 トランプ氏はこれまでも、駐留米軍を撤退させる可能性に触れながら、同盟国に負担増を求める考えを示して…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文955文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 台湾とソロモン断交 外交関係16カ国に 中国、再選狙う蔡総統揺さぶり

  3. ORICON NEWS 松岡茉優、インスタフォロワー数に悩み「ちょっと足りないかなあ」

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 甲斐野の温情登板、裏目 追い上げ届かず八回コールド 工藤監督「全員で向かっていく」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです