メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ご当地みやげ

/6 昆布スイーツ 伝統食材、甘さと調和 /石川

昆布を使ったパウンドケーキとマカロン=富山県高岡市蜂ケ島の道の駅「万葉の里高岡」で、古川宗撮影

 昆布締めに昆布巻き、おにぎり、かまぼこ−−と、食卓に昆布が欠かせない富山県は消費量日本一だ。近年はパウンドケーキやマカロン、おはぎなど洋・和菓子とのいっぷう変わった取り合わせも登場。甘さとしょっぱさが調和した味わいの「昆布スイーツ」として、話題を呼んでいる。

 県や総務省の「家計調査」によると、富山市の昆布の年間支出額は1世帯当たり2530円(2015年)。1960年以降では2013年を除いて全国1位をキープしている。

 富山県で昆布の食文化が根付くようになったのは江戸時代にまでさかのぼる。北海道から日本海を経由して、…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです