メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選・トランプ現象

私はこう見る 「アラブ離れ」潮流に エジプトの政治学者 サイード・サデク氏

 共和党の候補指名が確定したドナルド・トランプ氏はイスラム教徒の排斥に言及してきた。米国に多数いるイスラム嫌いの人々から票を得るのが目的であり、選挙中の言動が選挙後の政治活動に直結するわけでもない。しかし、イスラム教徒が多数を占めるアラブ諸国は従来、アラブに積極的に関与しないオバマ政権への不満を募らせてきた。トランプ氏の言動は「米国はアラブを見捨てようとしている」との不安に拍車をかけている。

 シェール革命でエネルギー自給を高めた米国にとって、サウジアラビアなど産油国を含めたアラブ諸国の重要…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです