メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着けいざい

/4止 若手「農協と距離」 「農家のため」原点回帰を

 農業や観光業の先駆的な取り組みを話し合う官民対話が3月4日、首相官邸で開かれた。首相の横に座ったのは若手農家の鈴木啓之(ひろゆき)(32)。オレンジ色の作業服に身を包み、「子供たちがあこがれ、若者や女性が働きやすい職場に農業を変えたい」と力を込めた。

    □  □

 鈴木は愛知県碧南市でニンジンを中心に野菜を2・2ヘクタール栽培。東京の高級飲食店とも取引し、業績を伸ばしている。若手農家でつくる「全国農業青年クラブ連絡協議会」の会長も務め、全国の生産者と情報交換しながら農業の未来を模索する姿が注目されている。

 脱サラして就農したのは2009年。祖母から受け継いだ0・1ヘクタールの農地を足掛かりに始めたが、苦…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1585文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです