石破氏

「トランプ氏、安保条約よく読んで」 全額負担で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
石破茂地方創生担当相=2016年4月14日午後1時34分、藤井太郎撮影
石破茂地方創生担当相=2016年4月14日午後1時34分、藤井太郎撮影

「他の多くの同盟国よりも多くの駐留経費負担」なども

 【ワシントン西田進一郎】訪米中の石破茂地方創生担当相は6日、記者会見し米大統領選の共和党の候補指名を確定させた実業家ドナルド・トランプ氏(69)が在日米軍駐留経費の全額負担を求めていることについて、「米国が日本を守っているのだから、その経費を負担すべきだ、という文脈で言っているなら、日米安全保障条約をもう一度よく読んでほしい」と語り、同条約への認識が欠けていると指摘した。

 石破氏は、日本は納税者の負担で他の多くの同盟国よりも多くの駐留経費を負担している▽日本に米軍基地があることで地域の平和と安定に寄与している▽米国の国益にも寄与している−−と説明。在日米軍は同条約に基づいて「極東における平和と安全」のために駐留しており、「ひたすら日本の防衛のために負担しているのだから、経費は日本が持つべきだというのは、条約の内容から論理必然として出てこない」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文755文字)

あわせて読みたい

注目の特集