日露首脳会談

北方領土、新発想のアプローチで交渉で合意

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソチ(ロシア南部)前田洋平、真野森作】安倍晋三首相は6日午後(日本時間6日夜)、ロシアのプーチン大統領と同国南部ソチの大統領公邸で会談した。両首脳は北方領土問題について、双方が受け入れ可能な解決に向け、新たな発想に基づくアプローチで交渉を精力的に進める方針で一致。9月に極東ウラジオストクで開催される「東方経済フォーラム」の際に再会談することでも合意した。

 会談は夕食会を含めて日本時間7日未明まで約3時間10分行われた。途中、両首脳は約35分間、通訳を交えて2人だけで話し合った。会談後、首相は平和条約締結交渉について「今までの停滞を打破するべく、突破口を開く手応えを得ることができた」と同行記者団に語った。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文966文字)

あわせて読みたい

注目の特集