熊本地震

やっぱりLINEか SNSが安否確認で活躍

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大地震の際のLINEでのやりとり例((C)LINE Corporation)
大地震の際のLINEでのやりとり例((C)LINE Corporation)

「既読」機能に「多人数でやり取り共有できる特性」生きる

 熊本地震で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が安否確認などの手段として有効に機能した。スマートフォン(スマホ)の普及によりSNSの利用は増えており、中でも東日本大震災後に普及した無料通信アプリ「LINE(ライン)」は、震災の教訓から付け加えた機能「既読」や、多人数でやり取りを共有できる特性が生かされた。総務省は非常時の情報伝達手段として注目し、活用に関する検討を重ねている。

 携帯大手3社によると、14日と16日の大きな地震の発生直後から電話回線が混線し、つながりにくくなった。停電で基地局にトラブルが生じて通話に支障が起きた可能性もある。一方、SNSが使うインターネット回線に目立った障害はなく、ラインやツイッターでの通信はほぼ可能だった。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文985文字)

あわせて読みたい

ニュース特集