メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相欧州歴訪

G7結束アピール 財政出動には温度差

 【ソチ前田洋平】安倍晋三首相は6日午前(日本時間同日午後)、欧州歴訪最後の訪問国となる英国での日程を終えた。26〜27日に開かれる主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)を前に、世界経済を支える強いメッセージを打ち出す必要性で各国首脳と一致した。ただ、首相が重視する財政出動には英独両国が慎重姿勢を示すなど、異なる事情を抱えたG7の政策協調の難しさも浮き彫りになった。

 「金融政策、機動的な財政政策、構造改革を各国の事情を反映しつつバランス良く進めることが重要だという…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文876文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです