メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

8府県「コメに影響」 国の生産額試算と隔たり

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の農林水産物への影響について、これまでに計38道府県が地域別の試算を終えたことが毎日新聞の集計で分かった。政府が生産額への影響はないとしたコメについて、8府県が独自に試算した結果、生産額が減少する場合もあるとの結論を得た。安価な輸入米の増加で、国産米の価格も下落すると見込まれるためで、TPPに対する地域の懸念は根強い。

 TPPの主要農産物への影響を巡っては、農林水産省が昨年末、関税削減・撤廃による国内価格の下落で生産…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文976文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです