台湾

巡視船、沖ノ鳥島EEZ内に到着 漁船拿捕に抗議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【台北・鈴木玲子】台湾の海岸巡防署(海上保安庁)は6日、巡視船など3隻が沖ノ鳥島(東京都)の排他的経済水域(EEZ)内に到着したことを明らかにした。

 台湾の馬英九政権は沖ノ鳥島は島ではなく岩のためEEZを設定できず、公海での拿捕(だほ)は違法と主張している。この主張に沿って、海上保安庁の巡視船が同海域で台湾漁船を拿捕したことに抗議し、漁船保護を…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集