連載

世界の見方

激動の世界はどこへ向かうのか。各国の識者に聞きます。

連載一覧

世界の見方

人道サミット重要な場 メヴリュット・チャヴショール・トルコ外相

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トルコ外相のメヴリュット・チャヴショール氏=トルコ大使館提供
トルコ外相のメヴリュット・チャヴショール氏=トルコ大使館提供

 幼いアラン・クルディ君の悲劇的な死が世界中にショックと憤りを与えたにもかかわらず、それから世界はほとんど変わっていないようだ。我々全人類にまだ人間性というものが残っているのなら、これは非常に悲しく、同時に残忍である。

 ビジュアルやソーシャルメディアの力は、セレブリティーのためなら大いに発揮されるのに対し、不運な人々に助けを集めるのにはさほど役に立たないようだ。事実、半年前にアラン君が亡くなってからも、子供から大人まで多数の罪のない人間が、完全に回避可能な理由で命を落とし続けた。

 我々が先の世界大戦以降、最も大規模な人道危機に直面していることは事実だ。しかし、地球規模の無関心さへの言い訳があるはずはない。

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2086文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集