メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本からの報告

/下 後方支援ノウハウ伝えて 「東日本」「阪神」自治体職員の経験 /岩手

 熊本地震で、遠野市のNPO法人「遠野まごころネット」は支援活動を本格化させている。現地に入ったスタッフらは、自治体職員の災害救助法への戸惑いや、復旧に向け被災者に寄り添った対応の必要性を感じたという。【中尾卓英】

 ▼法制度に戸惑いも

 被災自治体は災害救助法により、被災者に弁当や生活物資、仮設住宅などを現物支給することができる。熊本地震の被災地では、住宅の全半壊・一部損壊などの被害認定が急ピッチで進む。こうした罹災(りさい)証明に基づいて、仮設住宅や民間住宅を借り上げる「みなし仮設」、公営住宅を提供する。

 ところが、今回の被災市町村の職員から、法制度への戸惑いがあった。「弁当代はいくらまで使えるのか」「…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです