メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本からの報告

/下 後方支援ノウハウ伝えて 「東日本」「阪神」自治体職員の経験 /岩手

 熊本地震で、遠野市のNPO法人「遠野まごころネット」は支援活動を本格化させている。現地に入ったスタッフらは、自治体職員の災害救助法への戸惑いや、復旧に向け被災者に寄り添った対応の必要性を感じたという。【中尾卓英】

 ▼法制度に戸惑いも

 被災自治体は災害救助法により、被災者に弁当や生活物資、仮設住宅などを現物支給することができる。熊本地震の被災地では、住宅の全半壊・一部損壊などの被害認定が急ピッチで進む。こうした罹災(りさい)証明に基づいて、仮設住宅や民間住宅を借り上げる「みなし仮設」、公営住宅を提供する。

 ところが、今回の被災市町村の職員から、法制度への戸惑いがあった。「弁当代はいくらまで使えるのか」「…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1119文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです