メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ご当地みやげ

/7 能登ヒバの絵はがき 障害者、制作にやりがい /石川

能登ヒバを使った(左から)絵はがき、しおり、シールを紹介するリハスの藤島健一さん=金沢市諸江町で、金志尚撮影

 木目の手触りが心地良く、独特の香りが漂う。県木・アテ(アスナロ)を素材に作られた絵はがきやしおりが「石川らしさが感じられる」と評判だ。地元の県産材を使ったみやげ物の絵はがきは珍しく、“ご当地度”の高さが人気のようだ。金沢市の障害者支援施設が製造を手がけ、福祉現場の取り組みとしても注目を集めている。

 アテは輪島市など奥能登地方を中心に植樹されている。「能登ヒバ」とも呼ばれ、金沢城の修復工事にも用いられ、県民にはなじみが深い。

 能登ヒバを素材に用いた絵はがきは、昨年から県内の観光地や商業施設でみやげとして並びだした。はがきに…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです