メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イベント

「サメ肌タッチング」 ツルツルの触感 鳥取できょうも /鳥取

恐る恐るサメに触れる子供たち=鳥取市の県立とっとり賀露かにっこ館で、園部仁史撮影

 鳥取市賀露町西3の県立とっとり賀露かにっこ館で、サメやエイに触れることができるイベント「サメ肌タッチング」が開かれている。訪れた親子連れなどが、種類によって異なる独特の感触を楽しんでいた。8日も午前11時から午後3時まで実施する。無料。

 会場に用意された水槽では、細長い体形のドチザメ(約1メートル)や愛嬌(あ…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです