メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・熊本地震

/1(その1) 予断与えた「余震警戒」 28時間後に本震

城本ぬい子さんは全壊した自宅のがれきの中から夫千秋さんの写真を見つけた。2001年2月に家族でみかん狩りに行き、初孫をおんぶしてほほ笑んでいる=熊本県益城町の城本さん方で2016年4月29日午後2時、平川昌範撮影

 「余震だから、そんなに揺れないだろう」。気象庁が「余震」への注意を呼びかけていた4月15日夜、熊本県益城(ましき)町の城本千秋さん(68)は、自宅前に止めた軽乗用車を降りて妻ぬい子さん(62)にそう話すと、家の中へ戻っていった。「あんたも息子の家に来んね」「行かん」。それが最後のやりとりだった。

 最大震度7の強い揺れが2度襲う異例の事態となった熊本地震。築80年を超す木造2階建ての自宅は、14日の地震では壁にひびが入る程度だったが、夫婦は用心のため車中で夜を明かした。翌15日夜、家の片付けに疲れたぬい子さんは近くの息子宅に身を寄せ、城本さんは自宅で寝た。今思えば、揺れの影響で玄関の鍵がかからないことを気にしていたようだった。

 16日未明、再び強い揺れが襲った。ぬい子さんが自宅に駆けつけると、1階はつぶれていた。救出に約4時…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1322文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです