メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

花王・キッチンハイター 「澄み渡る」に改名、差別化

キッチン用漂白剤の代名詞となった「ハイター」=同社提供

 衣料用漂白剤として1962年に発売した時の名前は「花王ブリーチ」だった。しかし英語で「漂白」を意味する「ブリーチ」は一般名詞でもあり、類似した名前の他社製品が増えてきた。そこで差別化を図るため、ドイツ語で「澄み渡る」を意味する「ハイター」に66年に改名し、家庭用漂白剤のブランド化を目指した。

 キッチン向け漂白剤「キッチンハイター」を発売したのは69年。漂白、除菌、脱臭という漂白剤の特徴に洗浄効果も加えた。家庭の食卓が急速に洋食化するなか、まな板や食器に肉の…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  5. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです