メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『日本語を作った男−上田万年とその時代』=山口謠司・著

 (集英社インターナショナル・2484円)

近代表記の歴史辿るのに最適な人物

 上田万年、一八六七年(慶応三年)に江戸の名古屋藩下屋敷に生まれ、一九三七年(昭和十二年)に亡くなった。名は「かずとし」と読むが「まんねん」とも称した。

 ヨーロッパに留学して近代的な言語学を学び、それを日本語に応用した。学者であると同時に言語についての政策決定にも深く関わった。娘が作家の円地文子。

 本書は彼を中心に据えて、明治の初期から最終的には第二次世界大戦の後に完結する日本語表記の近代化の過…

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文2038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです