メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペット

猫の本だけ「ねこ図書館」 和歌山で古民家を改装

猫の本だけを集めた図書館「ねこのわ文庫」を開く南里代表は「猫と本を通じ、人と出会う場にしたい」と話す=南里代表提供

 空前の猫ブームの中、猫に関する本だけを集めた私設図書館「ねこのわ文庫」がこのほど、和歌山県那智勝浦町にオープンした。飼い主の高齢化で行き場を失うペットが問題視される中、飼い主同士の互助会づくりも目的としたユニークな試みだ。

 猫専門のペットシッター事業会社「猫の森」(東京都渋谷区、南里秀子代表)が手がける。「本当に好きな人なら遠くても来てくれるだろう」と築200年の古民家の蔵を改装した。猫に関する絵本や写真集、小説、エッセー、実用書など賛同者らの寄贈による約1300冊を所蔵。借りられないが閲覧室で自由に読める。

 一般社団法人ペットフード協会の2015年の調べでは、猫の飼育頭数は約987万匹と犬の約992万匹に…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです