メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コオイムシ

「イクメン」がメスの好み

卵を背負ったコオイムシのオス(マーキング済み)=長崎市文教町の長崎大学で2016年5月6日午後0時58分、今野悠貴撮影

 長崎大学の大庭伸也准教授(36)らの研究グループが、ため池などに生息する昆虫「コオイムシ」のメスがどのようなオスをパートナーに選ぶか実験した。

 コオイムシはオスが卵を背負って育てる珍しい習性を持つ。実験により、メスは卵を背負っていないオスより、背負っているオスとの交尾を好むことが判明した。

 「オスによる子育てとメスのパートナー選…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 東京都で新たに203人感染 7日ぶりに200人超え 新型コロナ

  5. 東京・足立区、4日で生活保護打ち切り 「連絡取れず」支援団体は批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです