メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コオイムシ

「イクメン」がメスの好み

卵を背負ったコオイムシのオス(マーキング済み)=長崎市文教町の長崎大学で2016年5月6日午後0時58分、今野悠貴撮影

 長崎大学の大庭伸也准教授(36)らの研究グループが、ため池などに生息する昆虫「コオイムシ」のメスがどのようなオスをパートナーに選ぶか実験した。

 コオイムシはオスが卵を背負って育てる珍しい習性を持つ。実験により、メスは卵を背負っていないオスより、背負っているオスとの交尾を好むことが判明した。

 「オスによる子育てとメスのパートナー選…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです