メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・春日大社

今年最初の鹿の赤ちゃん

生まれたばかりの子鹿=奈良市で2016年5月7日、芝村侑美撮影

 奈良市の春日大社境内にある鹿苑(ろくえん)で今年最初の鹿の赤ちゃんが7日、誕生した。体重3500グラム、体長60センチの雄。「奈良の鹿愛護会」職員に連れられて報道陣の前に登場した赤ちゃんは、「ピー」と何度も鳴き声を上げながら、元気に芝生を駆け回っていた。

 同会が4月上旬から、人とのトラブル防止など…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <9>その行動とバンクシーに共通するもの

  2. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです