メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

菊地研 醜さに宿る美を求め 再び挑む「ノートルダム・ド・パリ」

=喜屋武真之介撮影

 牧阿佐美バレエ団が創立60周年を迎え、記念企画の一環としてローラン・プティの代表作「ノートルダム・ド・パリ」を上演する。一見「醜い」主役に配されたのは、同団の看板ダンサー菊地研。20世紀を先導した振付家プティの「最後の弟子」であり、節目には不思議とこの作品が巡ってきた。「生前のプティさんが最後に与えてくださった宿題で、転機にもなった役。再挑戦ですが、まっさらな心で臨みたい」と、稽古(けいこ)に励む。

この記事は有料記事です。

残り1048文字(全文1250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです