メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

菊地研 醜さに宿る美を求め 再び挑む「ノートルダム・ド・パリ」

=喜屋武真之介撮影

 牧阿佐美バレエ団が創立60周年を迎え、記念企画の一環としてローラン・プティの代表作「ノートルダム・ド・パリ」を上演する。一見「醜い」主役に配されたのは、同団の看板ダンサー菊地研。20世紀を先導した振付家プティの「最後の弟子」であり、節目には不思議とこの作品が巡ってきた。「生前のプティさんが最後に与えてくださった宿題で、転機にもなった役。再挑戦ですが、まっさらな心で臨みたい」と、稽古(けいこ)に励む。

この記事は有料記事です。

残り1048文字(全文1250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです