メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

またいっぱいあそぼう。がんばれ! 友情、手紙に託し

大津小学校に初登校し、友達も持っているというキーホルダーを手に少し笑顔を見せる古閑大地さん=熊本県大津町で9日、竹内紀臣撮影

 阿蘇大橋が崩落した熊本県南阿蘇村の立野地区では、一部の児童生徒が区域外通学を強いられている。大津町立大津小に通うことになった南阿蘇西小5年の古閑大地さん(10)も親友3人と離ればなれになった。それでも変わらぬ友情を保つため、取材で知り合った記者に親友との再会の願いを込めた手紙を託し、連絡を取り合う。

 「本当は親友がいる学校に通いたい」−−。9日朝、古閑さんは緊張した表情で大津小に登校した。地震前に通った南阿蘇西小は阿蘇大橋の東側に位置しており、橋の西側にある自宅から通うことは難しくなった。親友3人は橋の東側に住んでいるため、別々の学校に通うことになった。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです