メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

「預金封鎖」 国民の財産を侵害

1946年2月17日の毎日新聞朝刊1面

 「インフレ防止の緊急令出づ けふから預金封鎖 一般引(き)出(し)を禁ず」。1946年2月17日の毎日新聞は、前日夕に発令された金融緊急措置令を大きく伝えた。市中に出回る過剰なお金を吸収する荒療治「預金封鎖」の始まりだった。

 概要は以下の通り。2月17日以降、銀行などからの預貯金引き出しを制限(預金封鎖)▽10円以上の日本銀行券(旧円)は3月2日限りで無効(それまでに使うか預金するしかない)▽翌3日からは新しく発行した新円のみ使用可、旧円とは1人100円を限度に1対1で交換▽勤め人の給与は月給500円まで新円で支給、残りは封鎖預金に振り込む▽封鎖預金からの引き出しは1カ月に世帯主が300円まで、それ以外の世帯員は1人100円まで−−。

 大卒の勤め人の初任給が400〜500円だった時代、政府は国民に「インフレ抑制のため」と協力を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. センチュリーなど1000万円超高級車、12県が所有 山口は2000万円現行モデル

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです