メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

新球技、苦手な子も楽しく 小学校の体育で「フラッグフット」

 フラッグフットボール、タグラグビー、プレルボール、ティーボール……。聞き慣れないスポーツだが、いずれも学習指導要領の改定に伴い、小学校高学年が体育の授業で取り組むようになった球技だ。体育の授業が様変わりした背景には、子どもの体力低下や、積極的に運動する子どもとそうでない子どもの二極化といった現代事情がある。

 「みんなで作戦を立てて試合をする楽しさに全員がのめり込んでいた」。2012年にフラッグフットを授業…

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文1987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです