メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活道路

ビッグデータで危険地点特定 国交省

ETC2・0などのデータをもとにした通行車両の速度データ。青系で表示されたポイントは時速30キロ以下、緑は30〜40キロ程度、赤・オレンジ色は40キロ以上。通行量も分析でき、抜け道に使われて通行量の多い生活道路も特定できる=国土交通省提供

 自動車の通行に関する「ビッグデータ」を活用した新たな交通事故防止対策を、国土交通省が今年度から始めた。多くのドライバーが急ブレーキをかけた地点や速度のデータを集めて危険が潜む場所を特定し、住宅街の中や通学路など「生活道路」を中心に全国約100エリアで実施する方針。国交省の担当者は「事故が起きてから対応する『対症療法型』から『科学的防止型』への転換を図りたい」と効果に期待する。

 国交省が活用しているのは、次世代型の自動料金収受システムとして昨夏から普及が始まり、車両の走行経路や速度、渋滞情報などを送受信できる「ETC2・0」のデータ。道路沿いに設置された「ITSスポット」と呼ばれる機器付近を通過したETC2・0搭載車から、加速度などを含めた走行履歴情報を受信し、サーバーに蓄積する。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです