メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活道路

ビッグデータで危険地点特定 国交省

ETC2・0などのデータをもとにした通行車両の速度データ。青系で表示されたポイントは時速30キロ以下、緑は30〜40キロ程度、赤・オレンジ色は40キロ以上。通行量も分析でき、抜け道に使われて通行量の多い生活道路も特定できる=国土交通省提供

 自動車の通行に関する「ビッグデータ」を活用した新たな交通事故防止対策を、国土交通省が今年度から始めた。多くのドライバーが急ブレーキをかけた地点や速度のデータを集めて危険が潜む場所を特定し、住宅街の中や通学路など「生活道路」を中心に全国約100エリアで実施する方針。国交省の担当者は「事故が起きてから対応する『対症療法型』から『科学的防止型』への転換を図りたい」と効果に期待する。

 国交省が活用しているのは、次世代型の自動料金収受システムとして昨夏から普及が始まり、車両の走行経路…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです