訃報

坪井清足さん94歳=考古学の第一人者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
坪井清足さん
坪井清足さん

 日本の考古学の第一人者で、奈良国立文化財研究所(奈文研、現奈良文化財研究所)の所長を務めた坪井清足(つぼい・きよたり)さんが7日、急性心不全のため亡くなった。94歳だった。葬儀は近親者で営み、後日お別れの会を開く。自宅は奈良市五条2の7の11。

 大阪市生まれ。京都大史学科を卒業し、1955年に奈文研に入った。奈良県明日香村の飛鳥寺、川原寺、飛鳥板蓋宮推定地を発掘し、さらに59年から奈良市の平城宮跡の発掘調査に取り組んだ。それまで“点”にとどまっていた遺跡の発掘に、全面発掘という画期的方法を導入した。飛鳥寺の発掘では、学…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文658文字)

あわせて読みたい

注目の特集