メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京レインボープライド

沿道の応援が力に 大学生とパレードを歩いた

「東京レインボープライド2016」に参加した中央大学ミモザのメンバーら=2016年5月8日、中嶋真希撮影

 同じ性を愛する人、男性として生まれて女性として生きる人、自分を男性とも女性とも思わない人。性の形はそれぞれだ。性的少数者への理解を訴え、当事者も支援者もともに楽しむ祭典「東京レインボープライド2016」が7、8日、東京都渋谷区の代々木公園で行われた。多様な性について考える中央大学のサークル「ミモザ」と一緒に、8日のパレードを歩いた。【中嶋真希】

 「ミモザ」は、中央大3年の鈴木なとせさん(20)が2014年11月に設立したサークルだ。セクシュア…

この記事は有料記事です。

残り2149文字(全文2373文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです