メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

笑点50年 若手に譲り落語に懸ける歌丸

「笑点」収録後の会見で笑顔を見せる桂歌丸さん(前列中央)と笑点メンバー=東京都文京区の後楽園ホールで2016年4月30日、油井雅和撮影

 4月30日のお昼前、大型連休でにぎわう東京・水道橋の東京ドームシティ。格闘技の会場としてもおなじみの「後楽園ホールビル」に着くと、いつものように「笑点」(日本テレビ系、毎週日曜午後5時半〜)の公開録画に訪れた人の列ができていた。

 笑点の放送開始は1966(昭和41)年の5月15日。この日は、ちょうど50年にあたる5月15日放送分の収録日だった。多くの取材陣が後楽園ホールへ押しかけた。いつもより関係者も多く、ざわついている。通常の公開録画は2回分撮りだめするが、今回は特別番組ということで、放送時間はいつもの倍、「1時間枠」と案内されていた。

 久しぶりに後楽園ホールに来たのは「50年特番だから」ということだけではない。「もしかしたら……」があるかもしれないからだ。会場に入ると、やはり、そのうわさは流れていた。「誰かメンバーが代わるらしい」と。だが、収録前に日本テレビ側からそうした説明はなかった。

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです