メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小川あきら・群馬県議

「かかあ天下」のぐんまから男女とも活躍できる社会を目指す

 「かかあ天下と空っ風」。上州名物のかかあ天下が昨年、「日本遺産」に認定されました。夫を尻に敷く強い女性という意味ではなく、絹産業の担い手となって家計を支えてきた働きものとしての評価です。上州の農家では、かつては女性が養蚕・製糸・織物で家計を支え、男性は「おれのかかあは天下一」と自慢したそうです。富岡製糸場と絹産業遺産群の世界遺産登録を契機に、群馬の女性の活躍がクローズアップされたことは大変うれしく思います。

 しかしながら、政治の分野では「かかあ天下」の存在は影を潜めています。保守王国といわれる群馬県では県…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 厚底シューズは禁止されるのか 疑心暗鬼の中ライバル各社が仕掛ける宣戦布告

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです