メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小川あきら・群馬県議

「かかあ天下」のぐんまから男女とも活躍できる社会を目指す

 「かかあ天下と空っ風」。上州名物のかかあ天下が昨年、「日本遺産」に認定されました。夫を尻に敷く強い女性という意味ではなく、絹産業の担い手となって家計を支えてきた働きものとしての評価です。上州の農家では、かつては女性が養蚕・製糸・織物で家計を支え、男性は「おれのかかあは天下一」と自慢したそうです。富岡製糸場と絹産業遺産群の世界遺産登録を契機に、群馬の女性の活躍がクローズアップされたことは大変うれしく思います。

 しかしながら、政治の分野では「かかあ天下」の存在は影を潜めています。保守王国といわれる群馬県では県議会議員50人のうち女性議員はわずかに3人しかいません。最大会派の自民党は、なんと32人全員が男性議員です。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです