メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小川あきら・群馬県議

「かかあ天下」のぐんまから男女とも活躍できる社会を目指す

 「かかあ天下と空っ風」。上州名物のかかあ天下が昨年、「日本遺産」に認定されました。夫を尻に敷く強い女性という意味ではなく、絹産業の担い手となって家計を支えてきた働きものとしての評価です。上州の農家では、かつては女性が養蚕・製糸・織物で家計を支え、男性は「おれのかかあは天下一」と自慢したそうです。富岡製糸場と絹産業遺産群の世界遺産登録を契機に、群馬の女性の活躍がクローズアップされたことは大変うれしく思います。

 しかしながら、政治の分野では「かかあ天下」の存在は影を潜めています。保守王国といわれる群馬県では県…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1303文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです