メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島復興論

対談・小高の避難指示解除を前に

和田智行さん

 原発事故で全住民が避難を余儀なくされている福島県南相馬市小高区(震災当時の人口約1万3000人)。国と市は近く避難指示を解除する方針で、地元では営業再開などの動きが活発化している。震災以来「悩むより行動」を指針に取り組んできた市長の桜井勝延さん(60)と、「課題を解決するビジネス作り」を掲げる小高ワーカーズベース社長の和田智行さん(39)に復興への思いを聞いた。【聞き手・冠木雅夫専門編集委員、写真・大塚卓也】

この記事は有料記事です。

残り2752文字(全文2959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです