メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

日中の誤解を解くには=青樹明子・ノンフィクション作家

青樹明子さん

 「日本って怖い国でしょ? 嫌な思いをいっぱいしたんじゃない?」

 3年ほど日本に留学した中国人の知人は帰国後、多くの人にこう、聞かれたという。

 抗日ドラマの影響を強く受けている中国人たちは、日本に「怖い兵士の詰め所だらけの国」というイメージを持っている。大きな誤解だ。

 日本はどうか。反日デモから数年たった今でも「中国の街で日本語を話すと危険」と大真面目に考える人は少なくない。もちろん誤解だ。

 日中を隔てる大きな壁は誤解をはじめ、お互いが根強く持つ不信感である。それでも多くの中国人の場合、旅行などで「真実の日本」を知れば一気に変わる。「憎まなければいけない日本はどこに行けばあるのか」と驚き、「ごめんなさい、日本が好きになりました」となる。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです