メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

金融政策の現状維持と円急騰=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 日本銀行は4月27〜28日の政策決定会合で追加の金融緩和を見送った。市場の大半は株式銘柄を組み合わせた上場投資信託(ETF)の購入追加だけは間違いないと勝手に決め込んでいたようだ。

 追加緩和で市場の金融が潤沢になれば、対ドル円レートは下落し、株価水準は切り上がるとの予測が大勢だった。このためそれ以前の段階で政策の手詰まりを理由に円買いと輸出企業株の先物売りに入った投資家は、日銀の動きを警戒して円買いの姿勢を弱めたり、円売りに転じたりした。また輸出株の買い戻しも出た。ところが日銀決定は現状維持となり、発表後の28日午後は円の急騰と株価下落が一挙に広がった…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです