メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま私は@熊本

熊本地震 医療できず歯がゆい

医療できず歯がゆい 熊本市中央区、大学生、田中一仁(かずひと)さん(27)

 熊本大医学部の5年生。先月からボランティアに参加していますが、まだ学生で、医療行為ができない歯がゆさを強く感じています。同時に感じるのが、患者さんと話すことの重要性。発汗や寒暖差で体調を崩しそうになっている人がいれば、会話を通じて対策を促せます。今回の経験を生かし、患者の立場に立った医師になりたいです。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです