パナマ文書

21万社公開…関連36万件、日本企業名も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「パナマ文書」を公開した国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のホームページ
「パナマ文書」を公開した国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のホームページ

 【ロンドン矢野純一】租税回避地(タックスヘイブン)を使った課税逃れを追及している国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ・本部ワシントン)は9日午後(日本時間10日未明)、租税回避地に設立された約21万4000法人と、関連する約36万件の個人や企業の名前や住所のリストを公開した。

 各国の税務・捜査当局は、租税回避地を利用する実質的な所有者の特定や違法性の有無などの捜査や調査に着手しており、今回のデータも活用しさらに実態解明を進めると見られる。

 ICIJはパナマ文書に基づいた調査報道で、各国首脳や周辺による不透明な金融取引を暴露してきた。9日の声明では「企業を真に誰が所有しているかの情報は、全ての人々が入手できるようにすべきだとの議論が盛んになっている」と指摘。情報公開により市民による新規の情報提供や、新たな報道を促す効果に期待を示している。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文773文字)

あわせて読みたい

ニュース特集