メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

修学旅行3万人超中止…長崎・鹿児島の判明分

普段は修学旅行生用の大型バスが並ぶ長崎原爆資料館の駐車場も閑散としている=長崎市平野町で2016年5月9日午後1時31分、大平明日香撮影

 熊本地震発生後、シーズンを迎えている修学旅行の宿泊のキャンセルや延期が九州各地で相次いでいる。「危険」とのイメージが広がっていることなどが原因とみられ、被害がほとんどなかった長崎、鹿児島で、判明分だけでも延べ約3万8500人分が取り消された。各県の担当者は余震が続き終息の見通しがつかない中、「安全性をアピールして呼び込みを図りたい」と苦心している。

 九州ではこのシーズン、平和教育や農業体験などを目当てにした関西や中国地方からの修学旅行が多い。しかし、4月14日の地震発生後、長崎県では県観光連盟に加盟する107の宿泊施設で5月2日現在、延べ約3万人分のキャンセルが出ている。県の観光担当者は「九州は危険というイメージが先行しているようだ」と話す。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです